2022年度 研究室メンバー

  • 准教授 東海林 竜也

修士課程1年

  • 浅瀬 有希
  • 吉田 匡志

4年生

  • 榊原 義史 
  • 新見 哲太
  • 檜垣 寧々
  • 武藤 萌音
  • 森本 雅夕
  • 村田 康大
  • 桝屋 悠斗

3年生

  • 古市 綺斗
  • 森山 日香留
  • 乙黒 優那
  • 田中 麗那
  • 中村 龍矢
  • 濱﨑 楽人
  • 渡邊 遥

【論文】ACS Omega (2022)

[プラズモン光過熱によるリポソームチューブの形成]
光励起したプラズモンナノ構造体上で、リポソームが融合したチューブ構造を形成することに成功しました。
坪井教授(大阪公立大学)、上野教授(北海道大学)、村越教授(北海道大学)らのグループとの共同研究の成果です。

  • 研究成果のポイント
  • プラズモン構造体の光熱効果によるマイクロバブルが生じると、溶液中のリポソームが熱対流によりバブルに吸い寄せられるとともに、リポソーム同士が融合する現象を発見
  • 形成したリポソームチューブは光照射の間、熱泳動の影響により流動し続けることがわかった
  • リポソームは内包薬物を放出することなく、チューブ状に膜融合することがわかった
  • Generation of Ultralong Liposome Tubes by Membrane Fusion beneath a Laser-Induced Microbubble on Gold Surfaces
  • Chiaki Kojima, Akemi Noguchi, Tatsuya Nagai, Ken-ichi Yuyama, Sho Fujii, Kosei Ueno, Nobuaki Oyamada, Kei Murakoshi, Tatsuya Shoji and Yasuyuki Tsuboi*
  • ACS Omega, 7 (2022), 13120-13127.
  • DOI: 10.1021/acsomega.2c00553
続きを読む 【論文】ACS Omega (2022)

【論文】Angew. Chem. Int. Ed. (2022)

[NASSCA光ピンセットを用いた光圧による蛍光変調]
Hot Paperに選出されました。
大阪市立大学と共同プレスリリースを発表しました。
NASSCA光ピンセットにより蛍光性高分子鎖の光捕捉に成功し、さらに捕捉分子からの蛍光色を光圧により制御できることを見出しました。
坪井教授(大阪市立大学)、Ivanova教授(豪・ロイヤルメルボルン工科大学)、Juodkazis教授(豪・スウィンバーン工科大学)らのグループとの共同研究の成果です。

  • 研究成果のポイント
  • エキシマー蛍光を示すペリレン分子で化学修飾した水溶性高分子 ポリ(N,N-ジメチルアクリルアミド)(perylene-PDMA)を、ナノ構造を付与したケイ素基板(ブラックシリコン)上で光捕捉することに成功
  • 近赤外レーザー光強度の増加とともに、蛍光強度の増加(捕捉分子数の増加)とペリレンのエキシマー発光を観測。
  • 青色発光から橙色発光への蛍光変調を光圧により制御することに成功
  • Fluorescence Colour Control in Perylene-Labeled Polymer Chains Trapped by Nanotextured Silicon
  • Ryota Takao, Kenta Ushiro, Hazuki Kusano, Ken-ichi Yuyama, Tatsuya Shoji, Denver P. Linklater, Elena Ivanova, Saulius Juodkazis, Yasuyuki Tsuboi*
  • Angew. Chem. Int. Ed., 61 (2022), e202117227.
  • DOI: 10.1002/anie.202117227
続きを読む 【論文】Angew. Chem. Int. Ed. (2022)

【和文解説】ぶんせき (2021)

  • 光ピンセットの分析化学への展開
  • 東海林 竜也
  • ぶんせき, 564 (2021), 696-702
  • DOI: https://bunseki.jsac.jp/ フリーアクセスです

入門講座[レーザーを用いる分析技術]に寄稿しました。本解説論文では、はじめに光ピンセットの基礎的理論、光ピンセット装置の概要・注意点を述べています。次に、光ピンセットを分析技術として利用する主要な方法として、生体分子モーターの力学計測と、顕微蛍光や顕微ラマン分光法などを組み合わせた光ピンセット顕微分光法について事例を挙げて紹介しています。

2022年講演情報

招待講演(Invited Presentation)

  1. 2021年度 第5回 フォトニックデバイス・応用技術研究会
    • 2022年2月9日
    • ナノ構造を利用した光ピンセット技術の開発と展望
    • 東海林 竜也
    • 国内会議 (オンライン)

一般講演(Contributed Presentation)

  1. 第21回高分子ミクロスフェア討論会
    • 2022年3月9-11日
    • 金ナノ粒子を内包したリポソーム単粒子からの分子放出挙動の顕微蛍光追跡
    • 東海林 竜也,飯田 京子,坪井 泰之
    • 国内会議 (オンライン)
  2. The 13th Asia-Pacific Conference on Near-Field Optics (APNFO13)
    • 2022年7月29-31日
    • Fabrication of Plasmonic Optical Fiber using Silane Coupling Agents for Optical Manipulation
    • Yuki Asase, Tatsuya Shoji
    • 国際会議(札幌)
  3. 2022年 光化学討論会
    • 2022年9月13-15日
    • 金ナノ粒子を用いたプラズモン光ファイバピンセットの開発
    • 浅瀬 有希, 檜垣 寧々, 東海林 竜也
    • 国内会議(京都)
  4. 2022年 光化学討論会
    • 2022年9月13-15日
    • チタンナノリンクル構造体を用いた光ピンセット法の探求
    • 吉田 匡志, 森本 雅夕, 東海林 竜也
    • 国内会議(京都)