「ぶんせき講習会」(発展編)の講師を担当します

2016年11月17日、日本分析化学会近畿支部主催の2016年度「ぶんせき講習会」(発展編)にて坪井・東海林が講師を務めます。

<趣旨説明>本年度の発展編は、近年発展著しく、廉価な市販装置まで登場している“光ピンセット”を取り上げます。光ピンセットの駆動力である輻射圧を易しく解説することから始まり、光ピンセットの原理、構成、性能などを詳しく解説します。その後、実際に光ピンセット装置に触れて頂き、光学系の調整から、実際の微粒子の捕捉までチャレンジしていただきます。捕捉した微粒子を分光分析するところまでご体験いただき、光ピンセットの装置を皆様にとって身近な“使える”ツールと実感して頂けるようにいたします。

詳しくは,こちら

Anal. Chim. Acta, Vol. 854 (2015), pp. 118-121

  • “A method for an approximate determination of a polymer-rich-domain concentration in phase-separated poly(N-isopropylacrylamide) aqueous solution by means of confocal Raman microspectroscopy combined with optical tweezers.”
  • Mitsuhiro Matsumoto, Ryo Wakabayashi, Takanori Tada, Taka-Aki Asoh, Tatsuya Shoji, Noboru Kitamura, Yasuyuki Tsuboi

続きを読む Anal. Chim. Acta, Vol. 854 (2015), pp. 118-121